来日イタリア人のおもてなし場面でちょっぴり気を付けたいこと

食文化に自信あり!ディナー選び最難関のイタリア人をもてなす際に気を付けたいこと

 

いきなり凄いタイトルですみません。(笑)

日本に増え続ける外国人観光客や、ビジネス訪問客、そして移住者。

お仕事の取引き以外のシーンでも、交換留学で訪れてくる学生、自分の留学時代の友人や、Social Media上の繋がりなどなど・・・

日本で外国人をおもてなしする機会も多くなりましたよね。

今回は、イタリア人訪問客のおすすめおもてなし方法を、筆者の経験からご紹介します。

 

 

「イタリア料理が世界一!」母国の食文化に誇りを持つイタリア人。

 

イタリア料理は日本でも大人気です。

老若男女ファンも多いイタリアン。特に、女性は好きな方も多く、デートに誘われたら嬉しいレストランのひとつですよね!

 

日本人でも食べやすい味付けや、親しみやすいメニュー、何と言ってもその美味しさ!

筆者も、めちゃくちゃ好きです。

 

イタリアンは美味しくて親しみやすい、庶民的な料理のひとつ。

高級なイタリアンももちろん存在しますが、気軽に食べれると言う印象も強いです。

豪華絢爛の食事といえば、懐石料理やフレンチ、高級カウンター寿司、中華も本格レストランは結構お高いですよね。

世界一の料理、一番豪華な料理と聞かれれば、いろんな候補が上がります。

そして、洋食の最高峰といえば、フレンチを思い浮かべる人も結構多いのでは。

 

しかし、イタリア人にとって、食文化最古であり、最高峰はイタリア料理以外に無いのです。

このプライドたるや、我々が和食を誇りに思うところの比較ではありません!

 

イタリア人に「和食が一番でしょ?」は絶対にNG!

 

どんなに日本が大好きなイタリア人であっても、和食の推しすぎには要注意です。

彼らがどんなにお寿司を愛していようとも、イタリア料理以上に素晴らしいものはないと思っています。

お寿司も、イタリア人の握る寿司が一番だと思っている人も多いくらいです。

 

我々日本人にとっても、イタリア料理を不味いという人はまず、いませんし、若い世代にとっては、イタリアンの方が好き〜なんて人も多いかもしれません。

それでも、日本の文化って素晴らしいと思える、愛国精神を日本人の皆が持っているのです。

 

自分たちが気づかないうちに、来日したイタリア人に対して、「和食が一番でしょ!?」と、このNGワードを発する日本人って、意外に多いのですよ。(笑)

どの国の人であっても、無意識的に母国の良さをアピールしたいと思うものですし、なにを言われても気にしない人もいると思います。しかし、イタリア人だけには「日本食一番」は、絶対禁句。

真面目に怒ります。(笑)

 

実際に、筆者がイタリア人と日本で仕事をした際に、接待をして下さった日本の方が「日本で和食を食べれてよかったよね、日本は一番美味しいからね!」と、何気なく言った一言に、イタリア友人、怒ってました。(笑)

もちろん、陰でこっそりと、軽く愚痴を言ってただけですよ。

「なんで日本が一番美味しいって言うんだ?一番はイタリアだ!!」と。

 

相手の日本人の方も、無意識で言っただけで、何の悪気もないのでお気の毒ではあります。(笑)

ここで見ると、子供っぽい意見としか取れませんが・・・

それだけにイタリア料理に誇りを持っているので、些細な一言にも反応してしまうのです。

 

なので、「イタリア料理が一番だよね!でも、たまには和食もいいでしょ?」程度にして、どれだけ高級で美味な和食レストランに連れて行こうとも、イタリア料理が一番と添えておくといいですよ。

もちろん、自国の料理も相手国の料理も、何も話題に触れずにその場の料理を楽しむのが一番です。(笑)

あーだ、こーだと味の意見のやりとりをするのは、お店の人にも失礼ですからね。

 

料理のコメントを求めない(笑)

 

イタリア人のおもてなしの際に、料理についてのコメントは求めないようにしましょう。

彼らは食べることも大好きなので、和食も、ソウルフードも、コンビニフードも、何でも喜んでいます。

下手に「どう?美味しいでしょう!」と意見を求めると、「美味しいね。」「・・・・でも、イタリアの方が好きかな」と、余計な話しに発展する恐れもありますので。(笑)

 

それだけに食事って特別に思ってるんでしょう。

他の国の方だと、「美味しい!」「不思議な味だ!」などと、コメントをバンバン発してくれるのに、不思議とイタリア人相手だと、特にコメントが来ることはありません。

何も言わないから不満を持っているのかと思って、心配になるかもしれませんが、大丈夫です。彼らは、美味しいと思って喜んで和食を食べているのです。

彼らにとって、食卓は大事なコミュニケーションの場です。

おもてなしした料理が気に入ってくれたのかどうか、そんなことを気にするよりも、食事の雰囲気を楽しんで、親しくなれるように会話を広げていきましょう!

 

まだまだある、譲れない飲食関係

 

イタリア人訪問客に、最高の和食を食べてうならせる必要はありませんが(うなったとしても自国が最高というはずですし。笑)、「微妙なもの」は避けましょう。

つまり、ある程度、外国人目線で美味しいと思える選択をするのです。

どういうことかというと、日本人でしかわからない情緒があるような料理、そういうのも実は「微妙」に入ります。

比較的、薄味のものに多いかもしれません。(具体的に書くのはやめます)

 

また「イタリアが一番!」なのは、ホットミールに限りません。

他にも色々ありますので・・・

結構面倒くさいですよ。(笑)

全てのイタリア人ではないのですが、筆者の周りには「ここ、譲れない!」という人、多いですね。

 

譲れないその1、美味しい珈琲はイタリアにあり!?

 

イタリア人は、イタリアの珈琲が世界一だと思っています。

珈琲だけは譲れない!という声多し。(厳密にいうと珈琲だけじゃないんだけどね。笑)

 

流し歴長しの長老
実は私も、イタリアの珈琲が一番好きです!

 

イタリアは、コーヒーベルトと呼ばれる、赤道付近のコーヒー豆の栽培が盛んな地域には入っていません。ですから、コーヒーが好きな人以外はピンとこないかもしれません。

日本でも、コーヒーと聞けば、ブラジルやエチオピアの豆の方が、馴染みがありますよね。

しかし、イタリアのカフェ文化は世界的にも有名で、彼らにとってなくてはならないもの。

日本の方でも、珈琲が好きな方であれば、イタリアのコーヒーもお好きですよね?!

イタリアのカフェ文化や珈琲に関しては、詳しくは以下の記事でご紹介してます。

 

ナポリ・カフェが飲みたいっ!イタリアンコーヒーの歴史とは?〜珈琲のすすめ〜

 

イタリア人にとっては、朝起きたらコーヒー、バールでコーヒー、ランチやディナーの後にコーヒー、休息にコーヒー、とコーヒーは欠かせないもの。

コーヒーがなしでは生きられないと言っても過言ではありません。

ちなみに、イタリア人の言うコーヒー(厳密にはCaffè=カッフェー)は、全てエスプレッソを指します。

 

そんな中、コーヒーと言えばブレンドやアメリカンなど、なんたることか!という事もさておきながら、日本で飲むコーヒーに満足する人は、なかなかいません。

 

筆者の友人は、「朝コーヒーを飲まないと動けない!」と言うので、日本の朝でもまずはコーヒーが飲める場所探しから始まるのですが・・・

チェーン店は当然ながら、美味しいと言われる評判のカフェに連れて行っても、なかなか、満足してくれません。

ホテルのコーヒーなんかも、かなりレベルが高いと思うんですけどね。

イギリスの友人なんか、自動販売機のコーヒーが一番好きですから。ホント、楽です。(笑)

 

母国のコーヒーにこだわるイタリア人対策はひとつ、とりあえず何でもいいのでコーヒーを飲ませて、コメントは聞かない!(笑)

 

そして、忘れないでください。

イタリア人と食事した後、必ずコーヒーを頼むこと。そして、観光中でも「コーヒータイム」を作ってあげることです。

コーヒーを置いてないレストランに行ったならば、帰りがけに「コーヒーでも飲む?」と声をかけると喜ばれます。

 

譲れないその2、ワインはイタリア産で!

 

日本なので、日本のワインを味わって欲しいし、フランスやチリなど、食事に合わせてワインを選びたいもの。

しかし、イタリア人はワインだけは譲れないのです!(厳密に言うとワインだけではないですね。笑)

 

イタリア人のおもてなしには、例え和食のお供であってもイタリア産にしましょう。(笑)

「おおー!わかってるねえ!」と、喜んでくれますよ。

 

確かに、イタリアンワインって美味しいですから、ここはひとつ、どんなにおすすめのフランスワインがあったとしても、イタリア産を優先してください。(笑)

 

譲れないその3、チョコレートはやっぱり、イタリア産!?

 

日本のチョコレート、美味しいですよね。

コンビニチョコも様々。

安いものから高価なショコラティエのチョコまで、本当に美味しいです。

 

しかーし!

 

イタリア人は、チョコレートだけは譲れないのです!(笑笑笑)

 

ベルギーや、スイス、フランスのチョコなど、チョコレートといえばココ!と思い浮かべる国も沢山あります。

しかし、彼らに言わせると、イタリアこそ、チョコレートの歴史が古くて世界一美味しいとのこと。

 

新人ちゃん
確かにイタリアのチョコレートって美味しいよね!

 

イタリアのチョコレートといえば、北部ピエモンテ州トリノ発祥の「ジャンドゥーヤ」です。

ヘーゼルナッツを用いた、三角の形をしたチョコレート。日本でも最近見かけることが増えましたよね。

 

ジャンドゥーヤのファンは世界にも多いです。

ジャンドゥーヤの誕生は、エスプレッソの誕生にも関連しています。

ナポレオン政権の規制でカカオ豆が不足し、それを補うために、チョコレート作りに用いられたのがナッツ類でした。

イタリアで普及していたヘーゼルナッツをたっぷり練り込んだことで、新しいチョコレートが誕生し、古くから受け継がれた伝統的なチョコレート「ジャンドゥーヤ」は、現代でもイタリアの代表的なスウィーツとなっています。

 

日本のチョコレートを推し推ししたいところですが、彼らにとっては、チョコレートはイタリアが1番。

お土産に日本のものを勧めるならば、味で攻めず、抹茶味や少し変わった風味のもの、面白い物など、日本独特な個性のチョコレートを勧めましょう。

 

譲れないその4、もちろんチーズです!

 

あえて言う必要もありませんよね。(笑)

イタリアといえばチーズ。

チーズだけは譲れません!

 

流し歴長しの長老
何回言うとんねん!!笑

イタリアのチーズ、本当に美味しいですよね!

ロンドンでも手軽に手に入るため、イギリスの友人も、イタリアの友人も、日本に渡って恋しくなるものは「チーズ!」と声を揃えて言います。

 

EUの関税撤廃の喜びも束の間。

百貨店や輸入食材店などで拝見する限り、日本で売っているイタリアン・チーズの価格は大きく変わってないように思います・・・

多分、少しは安くなっているんだろうけど・・・そもそも日本で買う国外産のチーズは高いので、よくわかりません!(笑)

 

イタリアでは手のひらサイズのペコリーノが4ユーロ、少し大きめのパルミジャーノでも6〜8ユーロ程度です。

日本のチーズの価格の高さは本当に悲しいところ。

その種類も少ないながらも、お手軽に買う値段ではありません。

そして、その量もほんの僅かなものです。悲しいなあ。

 

でも、イタリア人のおもてなしには、僅かでもいいので、イタリアのチーズをおつまみに出してあげましょう。

喜ばれること請け合いです!

 

間違ってもプロセスチーズを出してはダメですよ。(笑)

 

 

新人ちゃん
でも、プロセスチーズ美味しいよね!

 

 

 まとめ

 

個人の経験から、食に誇りを持つイタリア人をおもてなしする際に、ちょっと気をつけたいことをご紹介しました。

なんかちょっと面倒くさそう・・なんて思ってる方もいるかもしれませんが、ハイ、イタリア人を食事で喜ばせるのはかなり面倒くさいです。(笑)

 

ちなみに、筆者はイタリア仲間も多く、イタリア人大好きなので、誤解しないでください。(笑)

 

そんなイタリア人ですが、実は、意外な身近なもので簡単に喜んで頂くことができるのです!

次の記事では、イタリア人のおもてなしにおすすめのサプライズをご紹介します。

 

Ciao ciao!

 

来日イタリア人も泣いて喜んだ?!嬉しいアペリティーヴォなおもてなし法

>BUSKING LIFE.COM|「レッツ、流し!」

BUSKING LIFE.COM|「レッツ、流し!」

海外バスキング(ストリート、路上演奏)の豆知識をはじめ、音楽雑学やミュージシャンの生活側面を中心に、フリーテーマで異文化交流の四方山話を語るサイトです。音楽話しや海外ネタに加え、管理人の趣味や戯言、レビューなども更新しています。 愛嬌のほどよろしくお願いします。
加筆:2020年現在はバスキングや実演、異文化交流(渡航等)が厳しい状況のため、趣味や興味のあるコトを中心にした戯言ブログとして更新しています。