ビックポトフ!?外国人に鍋料理のおもてなしをする前に知っておきたいコト

来日外国人おもてなし術〜食事編〜

 

こんにちは。

異文化交流をモットーとしているワタクシ、こちらでは来日外国人へのおもてなし、特に「食文化」についての、ちょっと誤解されがちな料理選択に関して、注意ポイントをご紹介させて頂いてます。

 

当ブログでは、海外在住の友人関係や、来日同行の際の外国人たちとの経験や意見などから、筆者が個人的に注意しているポイントをご紹介しています。

全ての方の好き嫌いが一致するわけではありませんので、ご了承ください。

新人ちゃん
よろしくお願いします!

 

鍋のおもてなしには要注意

 

鍋って美味しいですよね。

日本人なら、冬にあったか〜い鍋を突く感覚、体も心も温まる美味しい鍋料理はたまりません!

そして、寄せ鍋や湯豆腐などの庶民的な鍋料理から、すき焼きやしゃぶしゃぶ等のちょっぴり贅沢な鍋まで、様々。

 

筆者の思い出としては、渡英当初、貧乏だったので複数人の友達とフラットシェアをしていました。

そんな時、その中の一人の日本人女子留学生の家族が日本から遊びにくることに。

お父さん、お母さん、そしてなんと、お爺ちゃんお婆ちゃんまで渡航してきたのです!

 

世話焼き癖のあった筆者は、「それならば、1日くらいはフラットの皆で、彼女の家族を日本食でおもてなししたい!」と張り切って、いろんな日本食材を探しに買い出しへ。

そこで選んだのが、鍋料理でした。

すっごく喜んでくれましたよ!

タイムリーに、ご家族は「ポン酢」と「ごまだれ」をお土産に持ってきてくれてたんですよ。(笑)

ポン酢が高かったので(笑)、醤油とお酢で作ってたので、もう、バッチリのタイミングでした。

 

鍋を囲み、イギリスの土地で大勢の日本人と、日本語で語らう団欒、いい思い出です。

実は、鍋を海外で作ろうとなると、食材も高価だし、まず、食材を見つけるだけでも大変なんですよ。

だけど、間違いなかったですね!

 

鍋は、日本では日常的にパパッと夕食の支度をしたい時にも、節約したい時にも最適。

そして、特別な御馳走の日や、来客へのおもてなしにも使える鍋料理は、まさにニッポンの万能な食事メニューと言えます。

 

そんな鍋料理ですが・・・

外国人は、ちょっぴり苦手な人も多いのです。

 

箸でツンツンが気になる!

 

もちろん、鍋料理の味が嫌いなわけではありません。

鍋料理の、ひとつの鍋を箸で突くと言う行為に抵抗があるのです。

専用の菜箸があったとしても、微妙なのです。

いくら美味しくても、造形がごちゃごちゃしてしまってたり、大皿でドーン!と、「どうだ!」みたいな感じのものは、そのルックスで躊躇しかねません。

友人は、その(鍋の)姿を見た時「ビックポトフ?!」と一言。

 

まさかこれ、一人で食べるの?と言う疑問が、すぐさま「まさかこれ、みんなでつつくのー!!?」に早変わり。(笑)

 

よほど日本文化が好きで、全てを堪能したいと思っている人以外には、避けた方がベターです。

「おひとり様鍋」であれば、逆に面白がられるので良いかもしれませんよね。

旅館の食事に出てくるような、一人用の鍋。それならおすすめします。

 

しゃぶしゃぶもちょっと要注意

 

箸でしゃぶしゃぶ・・も気になりますが、菜箸あれば何とか我慢してもらえそう。

ヘルシーだし、美味しいし・・・なんて思いますが、ちょっとだけ要注意です。

 

宗教上の関係で、豚が食べれない人は沢山います。

どうしても、と言う場合は、牛しゃぶにしましょう。でも、牛に抵抗ある人もたまにいますので、OKかどうかは要確認ですね。

 

流し歴長しの長老
イギリスでも、いろんな意味で「鶏」を選べば間違いないと言われています。

 

ちなみに、鯛しゃぶや、海鮮類を使ったしゃぶしゃぶは、見た目がグロテスクに感じる人もいるかもしれないので、こちらも要確認です。

個人的な意見(というか友人の意見としては)、しゃぶしゃぶでは物足りないという声もあります。

味が濃いものが好きな人、多いですからね・・・

 

すき焼きは、マニアかチャレンジャー向け

 

外国人にとって、最も驚異である鍋料理が、すき焼きです。

日本の名曲で、世界一有名な曲も、このタイトルですよね。

日本の古くから親しまれているポピュラーな料理としても、いろんな意味で興味をそそるのがすき焼きでもあるのですが・・

 

チャレンジャーの要素としては、生卵。

海外で生卵を食する習慣はありません。

日本では消毒面で生でも安心かもしれませんが、海外では、殺菌という意味でも火を通すことが普通とされています。

 

流し歴長しの長老
サルモネラ菌は、殻についてると言われているので、調理前は必ず卵を洗ってから割って、卵の中身にも調理でしっかり火を通すんです。

 

筆者もいまだに生卵を食べている外国人を目にしたことがありませんので・・・
すき焼きを、ちゃんと生卵で食べる方がいるとしたら、よほど和食が好きで食べてみたかった方か、よほどのチャレンジャーです。

 

新人ちゃん
海外在住の日本人が、一番恋しく思う和食は、実は「卵かけご飯」なんです♪
流し歴長しの長老
海外には日本の調味料も豊富。みりんや和風だしがあれば、和風の味付けで料理ができるし、納豆も冷凍食品として買えるし、味噌も今や何処でも手に入るからね!

 

しかし、あの、お肉の甘い味付けがたまらん!という方も多いので、実はすき焼きファンが多いのも確か。生卵を添えずにすき焼きを食べればいいだけなので。
個人的には、生卵を添えないならば、もはやすき焼きではないような気がするんですが・・・

やっぱり壁となる、座敷ルーム

 

鍋料理を食べるときに、ほぼ付き物であると言っても過言ではない「畳」の部屋。

レストランでも、畳の個室が用意されているお店が多いですよね。

そのため、「鍋に畳の個室!おもてなしにぴったりじゃん!」と思って、ついつい鍋コースの予約をしちゃったりするんですが・・・

 

あぐらもかけず、正座もできない外国人は、畳の部屋で食事をすると落ち着きません。

長い足を、まっすぐ伸ばして座るのです。

また、人前で靴を脱ぐという行為にも抵抗があるんですよね。お国によっては、人前で靴を脱ぐのは下品な行為であったり、足の裏を見せるというのは恥ずかしい行為と思う方も多いのです。

掘りごたつであれば、(靴は脱がなければならないけど)概ねOKといったところでしょうか。

 

もちろん、「ザ・和室」に大喜びする人もいますので、お相手の日本マニアック度に合わせてチョイスするのがベターです。

予約前に、情報収集ですね!

 

それでも日本の鍋文化を見せたいなら?

 

日本の土鍋って、なかなかクールですから、その見た目や素材感に興味を持つ外国人も多いですよね。

日本人としても、その文化を見せたいところでもあります。

 

どうしても、サプライズで鍋の雰囲気を味わって欲しいなら、外れが少ないのが、こちら。

 

見た目だけで喜ぶ、鍋焼きうどん

 

「うどん」に関しては、実は好みも出てきます。

「かつおだし」が苦手な外国人も、たまにいるんですよ。魚の風味がするスープということです。

また、ラーメンやパスタ類と違った、太くて白くて、コシがあったり、ふにゃふにゃしてたり・・そんなうどんを「何ヤツ!?」と思う外国人もいるんです。(笑)

うどんが苦手な友人に言わせると「はっきりしない感覚」とのこと。

 

今や、うどんも世界的に人気のヌードルとなりましたが、それでも、ラーメンよりは、好き嫌いがあるということを頭にちょっぴり入れた上でも・・・

鍋焼きうどんは人気です。(笑)

 

鍋焼きうどんに限っては、うどんの味がどうこうというよりも、見た目なんですよ。

土鍋の中に、たっぷり入った野菜にエッグ。

外国人は野菜が好きな人が結構多くて、具がたっぷり、野菜の原型がはっきり確認できる鍋焼きうどんは、見た目も中身も魅力的なんです。

 

「本当は、鍋料理はもっと大勢で食べるんだけど、コレも鍋の雰囲気があるでしょ!」

・・というふうに、会話のネタにしましょう。

「次は鍋が食べたい!」とリクエストしてくるかもしれません。

 

蒸し焼き料理や、炊き込みご飯なども

 

土鍋を使った料理をあえて選んでみるのもいいかもしれません。

居酒屋に行くと、結構ありそうですよね。(この際中身はどうでもいい!笑)

炊き込みご飯に関しては、「米が苦手」という人もたまにいるので、こちらは注文前に要確認です。

 

和食じゃないけど人気の高い鍋

 

和食の話しではなくなってきますが、外国人に人気の鍋も存在します。

これは、世界各国で食べれる鍋なので、無理に日本で食べる必要もないのですが・・・

 

日本には日本のこだわりの味や、調理方法もあるかもしれないので、寒い日にあったかいものを食べたいなら、こ〜んな鍋を日本でチョイスするのもアリかもしれません。

 

火鍋で、あえて日本の四川料理を堪能!

 

四川料理店のメニューにある、火鍋。

真っ赤な辛いスープと、パイタンスープ、二つに仕切られた鍋は、見た目的にも面白いですよね。

 

流し歴長しの長老
「面白い」は重要なポイントです。

 

また、外国人は辛いものが好きな人が多いです。

ラーメンひとつとっても、海外で断然人気の高いスープは、坦々麺や、スパイシーミソなどの、辛さのプラスがあるスープ。

ロンドンでも、仲間数人が集まって好き嫌いが分かれたり、味や値段の両方で無難な食事をしたい時は、「迷った時は中華に行け」というほど、中華料理は人気です。

野菜だけの炒め物メニューも多いため、ベジタリアンにも優しいのです。

世界のいろんな街に中華街って存在しますよね!困った時は中華街でディナー、そんな感じです。

辛さたっぷり、ハフハフと火鍋を囲んでください。

 

新人ちゃん
絶対に日本で食べておくべきものでもないけど・・・食事は個人の好みだからね!

チーズ・フォンデュは鍋料理?

 

もはや脱線状態ですが。(笑)

 

そう言えば、チーズ・フォンデュって鍋だよなあ、ってふと思いました。

 

スイス料理のチーズ・フォンデュ。
イギリス人も、あったまりたい時は、チーズ・フォンデュの専門店を予約してディナーに出かけます。

 

チーズ・フォンデュも、ブレッドだけじゃなく、野菜がたっぷり添えられてますので、それも人気の秘密です。
ちなみに、ブレッド等を鍋に入れて、チーズを絡めて頂きますよね。
箸でツンツンと同じ?と思うかもしれないですが・・
具材が鍋に入っておらず、鍋の中がごちゃごちゃしてないところかな。
串焼きと同じ、2度漬け禁止のような、暗黙のルールがあるので、大丈夫みたいですね。(笑)

 

日本にもありますかね?フォンデュのレストラン。
うん、これは外国人に外れのない鍋かも。

 

流し歴長しの長老
もう既にトピックからズレてるし!笑

まとめ

 

今回は、鍋料理のあるあるミスをご紹介させて頂きました。

鍋料理に興味がある外国人も沢山いますので、そういった方には遠慮なく、鍋攻めしてください!

 

ただし、サプライズで準備する時のみ、注意が必要です。

事前のリサーチをしてから、おもてなしの準備をしましょう。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

>BUSKING LIFE.COM|「レッツ、流し!」

BUSKING LIFE.COM|「レッツ、流し!」

海外バスキング(ストリート、路上演奏)の豆知識をはじめ、音楽雑学や異文化交流の四方山話を語ります。趣味やレビューなども更新しています。