パブを求めるイギリス人。彼らのパブ愛の深さに愛国心を学ぶ(タイトルと内容に若干違いアリ)

パブを求めるイギリス人。彼らのパブ愛の深さに愛国心を学ぶ・・・話しをするつもりが。

 

ちょっと戯言を失礼します。

 

私は日本が大好きです。日本人も大好きです。

日本人なので当然ですよね!

 

しかし、イギリスも大好きであり、イギリス人も大好きです。

なんと言ってよいか・・・あの愛国心!

 

あのマイペースさ!

あのインディペンデント加減!

ナチュラル過ぎるほどのナチュラル志向!

 

色々面白いですよね。

 

そんな中で、一番面白いと思うのは、彼らの持つ大きなパブ愛です。

 

 

パブ尽くしのロンドン・デイズ

 

イギリス人がパブが大好きな事くらい、知っています。

 

何も、今に始まったことじゃあございません。

 

イギリス人と友達になると、まずはパブへいき、8時間くらいドリンク飲みながら語り尽くします。

よく飽きないなあと・・・・

そう言いながらも、全く飽きない、自分自身にも驚いています。

 

そしてまた、次の朝、次の夜。

下手すればランチもリキッドランチで。

 

なぜかパブに出向いてしまう自分が居る。

一人でも、誰かと一緒でも。

 

いや、むしろ一人で行きたい。浸りたい。

思い起こせば、渡英した頃からひとりでチョロチョロ行ってたなあと。

 

これは、明らかにイギリス愛症候群ですね。

今に始まったことでは無いですが・・・

 

迷ったら社交場へ行こう!

 

イギリス人のパブ愛は、当然知っていながらも、そのパブ愛に改めてひれ伏す事になったのは、友人の日本ビジネスに付き合った時。

 

約2週間の日本滞在だったのですが・・・

 

もう、毎日社交場(パブ)探しなんです。

 

イギリス旅行をされた方ならご存知かと思いますが、イギリスのパブって、ドリンクがとっても安いですよね。

比べると、日本は結構なお値段がすると思うのですよ。

 

やっぱり、パブという異国ムード漂うお店の場所代もあるので、驚くことではないのですが、しかし、イギリスの本場のパブに慣れているイギリス人から見れば「高いなあ」とか「ちょっと違うんだよね」と言うかと思いきや・・・

 

大喜びなんですよね。

どんなパブでも、大喜び!

 

彼らが大好きなフィッシュ&チップスも、日本のものはイギリス本場よりも小さく、味も違います。

しかし、はっ!と気づけば、いつの間にかフィッシュ&チップスをオーダーし、「美味しいね!」と頬張るイギリス人達。

 

なんと言うか、もう、イギリス人は愛国心を持つ人間の鑑ですね。

 

異国の地で、自国の文化がフォローやコピーされていれば、それを喜び、それを有り難み、「母国のものとは違う!」と文句のひとつも言わない。

 

そして、こちらが一生懸命、日本でおもてなしする場所や、喜びそうな場所を考えても考えても、実は考える必要はなし。

パブへ連れて行けば大喜び。

 

流石に「日本で毎日パブってどうよ?」と、3回くらい思いましたが、それがイギリス人の素晴らしさだと気付きましたね。

 

彼らは心底母国を愛しているのだと。

私たち日本人も母国を愛していますが、愛の表し方は色々あるんですね!

 

例えば、イギリスでイギリス人が握るお寿司を「ちがーう!」なんて言ってしまうのは、私たちが日本の文化へのこだわりがあるからこそ。

 

しかし、日本の文化をフォローしてくれお寿司を握るイギリス職人を認める、有り難む、イギリスにお寿司を運んでくれて有難うと、そんな受け入れる愛国心もあって良いのではないかと、学ばされました。

 

・・・と、なんだか感動物語のように綴ってしまいましたが、結論として言いたかったことは、イギリス人のおもてなしに迷ったら「パブに連れて行こう」と言う事です。(笑)

 

これ、絶対に飽きることはないので。

彼らは必ず喜びます。

 

宿舎を用意する際も、パブが歩いて行ける場所をご用意して差し上げれば尚ベターです。

 

ラーメンを食べた帰りでも、お寿司を食べた帰りでも、パブにふらりと立ち寄って、ドリンクを頂き、パブの雰囲気を味わいたいのです。

よろしくお願いします。(笑)

 

 

在英邦人も大好きな社交場

 

ロンドンで暮らす日本の友人と帰国時に「大阪ミーティング」をした事があります。

 

東京ではなく、大阪。これもちょっとポイントですね。(笑)

 

そこで、ランチに選んだのがパブ。(笑)

思いっきり「英国風」と謳ったパブでした。

 

ロンドンで長年暮らしていても、日本に戻った瞬間に恋しくなるパブ。

「やっぱりイギリスのパブとはちょっと違うよね」なんて言葉は一言も出ず、気づけば「ああ!これだよね、やっぱり!」と喜んでいる私たち。

 

おまけに記念写真まで撮ってしまう始末・・・・

 

恐るべしパブの威力です。

 

なんとなく落ち着くんですよねー。

なんだろう。ハイ、パブはとても落ち着きます。

 

ヒースロー空港で社交場!

 

日本行きのフライトで通るべき場所は「ロンドン・ヒースロー空港」です。

 

ヒースロー国際空港には、カフェや、チェーン店系のファストフード、オイスターバー、日系のレストランなど、ちょっと時間を潰す店も沢山ありますよね。

 

そこでなぜか必ず選んでしまうのが、パブ・・・・

 

なんでこんなに沢山選択肢があるのに、毎回パブに入って時間を潰すのだろうと、自分でも考えてしまいます。

次こそは、次こそは!

オイスターバーでお洒落にスパークリングでも飲みながら時間を潰すぞ!そう思いながらも、気づけばパブ。

 

日本に居る間は、パブの雰囲気が楽しめないのか・・・

日本に居る間は「イングリッシュブレックファスト」が食べれないんだ!・・・

 

そう思うと、居ても立っても居られなくなるのです。

 

思いっきり、ドリンクと、フル・イングリッシュブレックファストを頼んでしまいますね。

ここぞとばかり!

 

恐るべし、パブの威力!

 

機内でも社交場気分・・それでも足りない!

 

ロンドン⇄成田(または羽田)便の、ロンドン→成田で出される機内食のうち、朝食(二食目)は、イングリッシュブレックファストが出されますよね。

 

これ、なんで成田→ロンドン便にはないのでしょう・・・

と、思うのは私だけでしょうか。(笑)

 

機内食のものは、パブのものとは全く違う、あくまでその雰囲気を醸し出したメニューではありますが、パブの雰囲気、イギリス食の雰囲気を味わえるので、嬉しいですよね。

 

恐るべし、パブの威力っっ!!

 

おしまい。(笑)

 

もはや、タイトルの「パブを求めるイギリス人。彼らのパブ愛の深さに愛国心を学ぶ」に全く関係ない話しになってしまいました。

 

本当は、クイーンエリザベスの人気や、ビートルズに代表される英国産のロックミュージックへの誇りの高さや人気などにつなげるところが・・・

パブの話しで終わってしまいました。(しかも自分の好みに偏った話しに。笑)

 

とにかく、イギリスで暮らす人で、パブが嫌いな人はいないと言う事です。

日本でイギリス人のおもてなしに悩む必要はなし!

 

今すぐ、社交場へGO!

 

戯言を失礼いたしました。(笑)

 

>BUSKING LIFE.COM|「レッツ、流し!」

BUSKING LIFE.COM|「レッツ、流し!」

海外バスキング(ストリート、路上演奏)の豆知識をはじめ、音楽雑学やミュージシャンの生活側面を中心に、フリーテーマで異文化交流の四方山話を語るサイトです。音楽話しや海外ネタに加え、管理人の趣味や戯言、レビューなども更新しています。 愛嬌のほどよろしくお願いします。
加筆:2020年現在はバスキングや実演、異文化交流(渡航等)が厳しい状況のため、趣味や興味のあるコトを中心にした戯言ブログとして更新しています。