ロンドンのバスキング ライセンス制度と、取得までのプロセス一例をご紹介!

ロンドンのライセンス制度

 

バスキングの文化が盛んなロンドン。

バスカー達が演奏するピッチには、ライセンスの取得が必要な場所がとても多いです。

もちろん、ライセンスが無ければバスキングが出来ないというわけでは有りません。

その場合は、周囲に迷惑がかかるような場所ではないこと、黙認されるべく違法ではない場所、バスキング中のトラブルは全て自己責任で行う事が前提です。

そして、バスキングは路上で演奏をする事です。そこが公共の場であることを忘れてはいけません。

 

そんな中、ライセンス制度というのは、普段から孤独に戦うバスカーにとっては唯一の護身のようなもの。

演奏場所や時間が定められており、そのピッチが公式である事で、最低限の安心感を得られます。

*但し、ひとりで現場に立つことには違いないので、現場のトラブルはやはり自己責任になります。

 

新人ちゃん
自分で自分の身を守るのは、必要不可欠ってことね・・・

 

ライセンスを取得するには、オーディションを突破して合格しなければなりません。

その他にもいろんな縛りが存在します。

ここでは、イギリス・ロンドンのバスキングライセンスについてご紹介します。

 

 

バスキング場所によって発行ライセンスが違う

 

国によって定められた、アンダーグラウンドの公式ピッチで演奏できるバスキング・ライセンスの他、鉄道の指定ピッチ、公園や広場、公共施設など、場所によってライセンスが違います。

「その場所・管轄専用」となるのです。

自分が取得したライセンス管轄以外の場所でバスキングをやると「違法バスキング」になります。

 

また、演奏楽器やパフォーマンスによっても異なります。「実際に行うパフォーマンスで」ライセンスを取得しなければなりません。

例えば、筆者は「Guitar」としてライセンスを取得しました。(弾き語りも含みます)

このライセンスで、フルートを演奏すると、これももちろん「規約違反」になるのです。

 

以前はジャンベでバスキングをしていたのに、ある日突然、ギターで弾き語りをするバスカーに変わっていた友人がいます。

ライセンスを再度、ギター演奏用に取り直したそうで、ジャンベ用とギター用の、2枚のライセンスを持っているそうです。

それもいいですね!(笑)

 

また、バスキングピッチに持ち込む機材の申請も、ライセンス取得時に必要です。

アンプ使用の場合は、「アンプ使用」と許可を得ておく必要があります。

例えば、カラオケを利用して歌を披露するバスカーもいますが、その場合は、トラック使用のために使うオーディオシステムを持ち込む旨を申請しておかなければなりません。

 

市民への影響を考え、場所によっては適度に音量制限を設けているピッチがあるのです。

アコースティックギターならば演奏OKだけど、エレキ(アンプ使用)はNGとなる場合もあるんですね。

バスカーの情報に基づいて、マネージメントはブッキングしていくため、アンプを使用するバスカーが、アンプNGのピッチをブッキングをする事はできないわけです。

 

新人ちゃん
言わなければバレないんじゃないの?
流し歴長しの長老
そう言う人はバスキングやっちゃ駄目!そもそも路上なんて誰にも守られていない孤独な戦場なんだから、自分自身がルールを守ってないと痛い目にあうよ!
新人ちゃん
・・・・・すみませんでした・・・

また、機材を申請すると言うルールは、演奏によるピッチ周辺の環境を考えてと言う事だけではなく、テロ対策の意味も含まれます。

数多くのバスカーを抱えたマネージメントは、無断で持ち込まれる機材が何なのか、全くリスクがないとは言い切れないので、本人からの申請と確認を万全に行うことが重要となります。

 

流し歴長しの長老
余談ですが、ライセンス取得用のオーディション合格後に国際警察からのチェックもあるよ。危険のリスクが少しでもある人間と見られた場合、オーディションをパスしても、ライセンスは貰えません。

 

路上でひとりで演奏しているんだから、少し楽器を変えてもわからないだろう、なんて思うかもしれませんが・・・

やはり、規則は規則です。

誰も見ていなくても、ルールを守らないバスカーがひとりでも出てくれば、秩序は乱れ、無法地帯となる事だってあります。

演奏を続けたいと願っているバスカー達だからこそ、ルールやマナーには真摯に向き合っているのです。

 

あと、ロンドンでは至る所でポリスがよく巡回しています。

もし、ライセンス必須のピッチで無許可で演奏をしたり、ライセンス所持者であっても、気を抜いていると「君、ライセンスある?見せて。」と、バスキング演奏の途中に質問される事だってあります。

筆者は、管理マネージメントのボスに、バスキング中に何度か遭遇したことがあります。(笑)

悪いことはできませんよ〜!

 

 

厳しいオーディションがあるんです

 

バスキングのライセンス取得には、オーディションがあります。

ここでは、アンダーグラウンド・ライセンスの例でお話ししますね!

 

オーディションは不定期に行われますので、正式な募集時期というのは公開されていません。

2008年以前は、年に1度開催されていましたが、現在は2年と募集をしない時もあるそうです。

オーディション開催の際には、地下鉄構内で手に入れることのできるフリーペーパー「Metro」に、募集の旨が大きく掲載されますので、気になる方は、マメに新聞を読む事をしていれば、英語に慣れる事も出来る上、情報ゲットもできます。

 

実際のオーディションプロセスをちょっとだけご紹介

 

現在行われているオーディションの内容詳細はわかりませんが、筆者が体験したオーディションは、以下のような段取りでした。

①インターネットから申請(本人詳細に加え、申請したいバスキングスタイル、写真、Website、リリース歴、デモ音源を数曲提出)
②書類審査に約7ヶ月
③合格通知が届き、実技審査へ
④5人ほどの審査委員を前にリアルな地下鉄ホームで演奏(すでに閉鎖された駅を使用)
⑤合格通知が届き、必要な公的書類を提出。国際警察のチェックへ
⑥国際警察の調査待ち数週間
⑦再度、正規の合格通知が届きエージェント・ミーティング参加
⑧晴れてライセンスが発行され、公式バスカーデビュー

申請から取得まで、約10ヶ月かかりました。

 

・・・と、言っても、書類選考結果を待つ時間にほとんど費やされ、実演等に移ってからはトントン拍子に進みましたが。

とにかく、エントリーする数がとっても多く、目を通す事と選考する事に時間がかかるという事でしょう。

この時の合格率は30%との事。

 

オーディションの選考基準は内部の人間でないとわかりませんが、周りにも書類選考すら通らなかった人も多く、実技審査で落とされた人もいます。

その時の楽器の枠(バスカー数)にも関係しているかも?しれませんし、していないかもしれません。

とにかく、ライセンス取得は難しいと言われています。

 

人気のオーディションなので、なんと言っても難関が書類選考ですね。

予想ですが、書類選考基準として選考委員が厳しくチェックしているのは、キャリアと音源だと思われます。

ルックス、年齢、これは全く関係ありません。

 

老若男女、とにかく様々な人に最終審査で会いましたし、合格後の面子も様々でした。

感じたことは、合格者のほとんどの方が既にプロ、またはプロとしてのキャリアを持つ人が多かったこと。

そうでない人の場合は、それまでにバスカーとして所属していなかった「珍しい楽器奏者」や、他国などの「民族楽器奏者」ばかりでした。とにかく、ギターや弾き語り、その他、一般的によく見るバスキングで使われる楽器などは極めてオーディション突破は難しいと言えるでしょう。

 

バスカーにはプロとして活動している方が多いので、リリース歴などプロとしてのキャリアがあった方が通りやすいと思います。

筆者は、たまたま、この申請の直前にイギリスでレコーディングをし、リリース目処が立ったところだったので、滑り込みセーフでした。

それ以前は、リリース歴もなかったんですよ。(笑)

その音源プラス、弾き語りの音源を送りました。

 

もちろん、プロキャリアがなくても、演奏さえ素晴らしければ問題ありません。

演奏は並かな・・と、少し不安な人は、自分のキャリアを多少盛ってでも(嘘はいけませんが)書類選考を突破することを目指しましょう。

実技審査は、なるようになれと言う感じですよ。(笑)

 

最後は御上の個人調査で丸裸。悪いことはできません!

 

あと少し怖そうなのは、国際警察のチェックですが・・・

普通に生きている人であれば、問題ありません。

現ニートでも、私生活がちょっと乱れているでも、学校でやんちゃだった方でも、元ギャルでも元ヤンでも、それらが「ただのやんちゃ」や「見た目だけ」であれば、問題なし。現在仕事をしていないにしても、過去の歴がクリアーであれば大丈夫です。

クリアーの意味はおわかりですよね!

 

新人ちゃん
破天荒だった長老が審査に通ってるからね、みんな大丈夫!
流し歴長しの長老
こう見えて超地味な生活なんだよ、知らないの君!
この国際警察の調査の理由も、だいたい想像でわかりますよね?
機材などの申請が必要なのと同じ理由です。
ライセンスを取得したバスカーは、各発行元のマネージメントに属するバスカーです。
しかし、あくまで国がバスキングをする権利を与えたまでのこと。そこの社員でもパートでもないのです。
バスカーは、被雇用者では有りません。
言い切ってしまえば、無職と同じなのです。
新人ちゃん
えっ、長老、ニートじゃん?!
流し歴長しの長老
いやいや、バスキング以外の仕事は税金払ってますから!
とはいえど、ライセンスを与える限りは、後々もしも「何らかのトラブル」が公共の場所であった際、発行元にも責任は問われます。
そのため、過去の履歴上で少しでも問題がある(問題を起こす可能性がある)と判断された人には、例え演奏のスキルが高くても、資格を与えるわけにはいかないのでしょう。せっかくオーディションを突破しても、その後の精査で落とされてしまうという人も・・・広い世界ですから色んな人もいますから、存在するかも?しれませんよね。
しかし、見事に公式でバスキングが可能な免許を得ても、前述の通りに演奏の資格を得れるというだけで、発行元の団体が生活の保証をしてくれるわけではありません。
投げ銭は「基本的には」非課税です。(しかし状況によっては課税対象になりますので、各自の状況によって専門家に相談し、正しい判断をするべきです。)
当然のことながら、ステージの依頼やレコーディングなどはちゃんと税金が引かれますが、それはバスキングのマネージントとは全く別。自分たちで取っている仕事ですから。
逆にいうと、バスキングのエージェントから出演依頼などがあったとすれば、それは全てボランティア。
音楽活動のマネジメントは自分で行い、バスキングのマネージメント管理者はバスキング活動のピッチの管理をしてくれているというだけの存在です。
バスカーにも、普段の音楽活動と並行している人や、中には会社勤めをしている人だっています。その場合は、もちろんそちらで税金を納める必要が有ります。
しかし、バスキングのチップは投げ銭に当たるので、「基本的には」税金がかからないのです。
ライセンス所持者が管理元にお金を払う(税金を納める)という必要は有りません。(これは、各国や各団体の制度によって異なる場合もあります。)
その分、稼げるかどうかも保証はされていませんよね。
バスキングは自身がストップしたら、途端に収入ゼロです。
もちろんバスキング中の移動費なども自己負担です。
流し歴長しの長老
バスキング移動中の地下鉄代はタダでしょ〜と言われるけど、普通にオイスターカードが必要です。
新人ちゃん
だから長老はいつも徒歩移動なんだね!
流し歴長しの長老
それは、ただの健康のためじゃよ、ふおっふおっふおっ!
バスカーの中には、本当に生活苦で路上に立つ思いでライセンス取得に挑戦する人もいます。
無職だから悪いわけでは全く有りませんが、申請時に既に無職の人だって、何の社会経験もない人だって皆無ではないのです。
その理由が、どのような事情かは、蓋を開けてみないと誰にもわかりません。善人ばかりではない可能性もあるのです。
国は許可を与える以上、危険の要素が少しでもあるバスカーは避けなければいけません。
先ほどお話ししたように、オーディションを突破し、実技面で合格を受けても、そこで完全合格とはなりません。

ライセンス取得前も、取得後も、バッチリ見られています!

バスカーの身元は国際警察によってバッチリ、チェックされるわけですね。
誰でも彼でも受け入れてくれるわけではないのです。
争い事などのトラブル回避のためにライセンス制度を設けたのに、トラブルばかり持ってくるバスカーが所属していては本末転倒ですからね。
仮に、過去に何の悪さもしていないにしろ、例えば、カウンシルタックス(住民税のようなもので、イギリスでは個人にではなく、住んでいる家に税金がかかります)を払っていないなどが発覚しても、要注意人物としてバツがつく可能性が高いです。
最初に申した通り、「少しヤンチャしてた時代があった〜」くらいは、全然余裕だと思いますよ。
新人ちゃん
経験者は語る。ですね!
流し歴長しの長老
逆にいうと、ロンドンのバスカーは怖そうに見える人でも割と健全っちゅうことかもね。
ちなみに、見た目は全く問題ありませんよ。
どんな強面でも派手派手でも、奇抜でも、オーディションに差し支えは全く有りません。
音楽的キャリアは見られており、選考要素のひとつになっている事は確かですが、それ以外の学歴、経歴、資格、加えて人柄や積極性?など、本人の人格に関係するものなど、一般的に日本の履歴書で重要視される部分に関しては全く選考基準ではありません。(逆を言うと「やる気だけはあります!」と言う熱い思いもわりと無駄です。笑)
必要なのは、演奏のスキル(あるいは個性)、悪いことをしていない事、この2つ。それに加えて「できれば音楽キャリアがあれば尚ベター」といったところでしょうか。

バスキングという行為が公共の場で行われる以上、国は最善の注意を払って、安全かつ真摯に「バスキング」という演奏行為を行えるバスカー人材を管理し、街中に派遣していかなければならないのです。

街を行き交う人々に、音楽を届けるために。

そのおかげで、街には平和なバスキング時間が流れているのかもしれませんね。

 

パフォーマンスに合ったバスキングピッチを選ぶ

 

国によって定められた、ライセンス制度を取り入れている場所は、アンダーグラウンドの他、鉄道の指定ピッチ他、広場や公園など、色々な場所があります。

ロンドンで有名なのは、コヴェントガーデンの広場や、トラファルガースクエアのバスキングですよね。

公園や広場に訪れる家族や人々のニーズに会ったバスキングが特徴です。

銅像の姿で立っている人や、パントマイム、アート系などのバスカーや、演奏でもアンプを利用してステージ風に行っている方も多いです。

 

反対に、地下鉄などでは「音楽を響かせる」と言うコンセプトがありますので、ミュージシャンが中心となっています。

自分のパフォーマンスのスタイルに合ったバスキング管轄のライセンス取得を目指すのがベターです。

地下鉄バスカー募集に、パントマイムで申請をしても、書類審査で落とされる可能性があります。

 

また、同じ奏者でも、ライセンスのオーディション突破が一番難しいのが打楽器奏者です。

地下鉄などでは、音があまりに大きい楽器は好まれないのです。

ジャンベでライセンス取得をした仲間も、書類審査の音源に工夫を凝らし、最終選考ではかなり音を控え目に演奏したとか。

それでも、実際にバスキングを始めてみると、全くチップが入らないので、ギター演奏でライセンスを取り直したのだとか。

 

逆に、友人のバケツ・ドラマーは屋外で物凄い金額のチップを得ています。

野外の開放的な場所で演奏する事で音量の問題を回避し、そのユニークなパフォーマンス方法も受け入れられ、打楽器のバスキング成功例となったのでしょう。

 

ピッチ探しは環境を観察することから

 

ライセンスの取得に限らず、パフォーマンスのスタイルと、それに見合った場所でバスキングをすることが大事です。

 

イギリスでは、ライセンス制度もごく当たり前となってきましたが、ライセンスが無いからバスキングはNG!と言うわけでもありません。

ふらりと立ち寄ったミュージシャンがバスキングできるような場所もありますので、バスキング文化の盛んなイギリスで、ライセンスに拘る必要はないと思います。

自由こそ、本来のバスキングの姿ですからね!

 

そんな時も、自分のパフォーマンスが、そこで演奏することで周りにどういう影響を及ぼすかということを、しっかり考えた上でピッチを探すと良いと思います。

周辺に音が跳ね返りそうな壁や、建物もないような場所ならば、アコースティックな演奏や控えめな楽器では、音が周囲にかき消され兼ねません。

そういった場所の場合は、アンプを使用したり、打楽器やサックスなどの音量の大きな楽器が向いてます。

逆に、忙しそうな市街地で演奏するならば、その様子にあった楽器や演奏、曲のチョイスも必要です。

 

ライセンスの基準も、実はその辺の感覚と同じような気がします。

 

ちなみに、リヴァプールの目抜き通りである「マシュー・ストリート」も、ライセンス制度となっています。

筆者がマシューストリートでバスキングをやった際には、まだライセンス制度が導入されてなかったんですよ。

ライセンス導入となった時は(ああ、ここもそうなったか)と言う、寂しい思いもありました。

バスカーが守られると言う意味では、良いことでもあるんですけどね。

 

まとめ

 

以上、ロンドンのライセンスと、アンダーグラウンドのライセンスエントリー詳細についてご紹介しました。

これからバスキングのライセンスを取得しようと考えている方や、他の国でバスキングをする方へ、何かヒントになることがあれば嬉しいです。

次回は、アンダーグラウンドのバスキングシステムの中身に迫っていきたいと思います。

 

ご一読ありがとうございました。

 

ロンドン・アンダーグラウンド・バスキングとは?時代と共に移りゆく実情とスタイル

 

>BUSKING LIFE.COM|「レッツ、流し!」

BUSKING LIFE.COM|「レッツ、流し!」

海外バスキング(ストリート、路上演奏)の豆知識をはじめ、音楽雑学やミュージシャンの生活側面を中心に、フリーテーマで異文化交流の四方山話を語るサイトです。音楽話しや海外ネタに加え、管理人の趣味や戯言、レビューなども更新しています。 愛嬌のほどよろしくお願いします。
加筆:2020年現在はバスキングや実演、異文化交流(渡航等)が厳しい状況のため、趣味や興味のあるコトを中心にした戯言ブログとして更新しています。