隠れたイタリアの名品!無限の誘惑『ピスタッキオ・クレーマ』

隠れたイタリアの名品!無限の誘惑、ピスタッキオクレーマとは?

 

以前の記事にて、イタリアの定番中の定番土産をご紹介しました。

 

貰うとやっぱりウレシイ!イタリアの定番中の定番、ポピュラーなお土産集

 

今回は、私が個人的におすすめしたい、隠れたイタリアの名品をご紹介します。

 

 

 

ピスタッキオクレーマの誘惑

 

おすすめしたい隠れた名品のひとつ。と、言っても、イタリアで手軽に買える食品なのですが・・・

 

我が家で切らすことの無い食品。それは「ピスタッキオクレーマ」です。

 

ピスタッキオクレーマとは、ピスタチオクリームという意味です。

説明の必要もなく、わかりやすい言葉ですよね。(笑)

 

これ、大好物でして。

 

ピスタッキオクレーマが用いられたスナック類もお気に入り。

 

珈琲が大好きな私が、イタリアの珈琲ブレイクタイムに欠かせないものが、ピスタチオのクリームが入ったクロワッサン。

バールで見つけたら必ずカフェに添えてしまいます。

 

 

こんな感じで、グリーンのクリームが飛び出ているようなクロワッサンを見かけたら、即買いしてください。(笑)

 

すごく美味しいですよ!

 

イタリアでは、クロワッサンのことをコルネットと言います。

 

朝食は、クリームが入ったコルネット1つだけ、もしくはチョコレートやビスコットをかじるのみと言う人や、中には朝食を食べない人も多いイタリアですが、珈琲だけは朝も昼も夜も、絶対に欠かしません。

社交場であるバールには、珈琲に添えて楽しむコルネットや甘いお菓子も沢山売られています。

 

定番で必ず置いてあるのは、クリーム入りです。

チョコレートの入ったコルネットもおすすめ。

 

でも、チョコレート入りやピスタチオのクリーム入りは、定番で必ず置かれているわけでもなく、お店によっては置いてないところもあり、早々に売り切れる場合も多いようです。

 

 

こんな感じで、グリーンのクリームが飛び出していたら即買いで。(2度目。笑)

 

ナッツが好きな方でしたら、虜になるはず!

 

 

イタリア人も大好き、ピスタッキオ

 

先日イタリアの友人とカフェでミーティングをした際に、「何か甘いものでも食べなよ!」と無理やりにスウィーツを勧められまして。(笑)

 

じゃあ、おすすめのものを適当に買ってきてよ!と言って、運ばれてきたのがこちら。

 

 

ピスタッキオクレーマがたっぷりのタルト・・・(笑)

 

やっぱり、イタリア人もみんな好きなんですね!

 

中は、全部ピスタッキオのクレームでした。かなり濃厚です。

 

 

お土産にもおすすめ、ピスタッキオクレーマ

 

意外と皆さんお土産に買わないのも、ペーストとして日本ではそこまでポピュラーじゃないからかもしれません。

 

ジャムやピーナッツバターや、イタリア名物のチョコレートスプレッド、ヌテラと全く同じ類のもの。

パンに塗ったり、お菓子作りに使ったり、万能に使えるナッツのペーストです。

 

ナッツを食べれない方以外、もらって使い道に困ると言うことはないですよ!

 

私の身内もピスタッキオクレーマがとっても大好きで。パンにバターだけでなく、時々ピスタッキオクレーマを塗ることで変化球をもたらしてますね!(笑)

 

シンプルな食パンに塗るだけで、イタリアンでかなり濃厚で甘いスウィーツに変身です。

 

お味は、ピスタチオそのままの風味の、濃厚なクリーム。

 

ホワイトチョコレートのようなお味にも感じられるので、チョコレート好きならば尚おすすめします。

 

ピスタッキオクレーマがお土産に最適なワケとは?

 

おすすめしたいイタリアの隠れた名品、ピスタッキオクレーマ。

 

日本でもイタリア産のピスタチオクリームを購入する事ができます。

しかし、お値段から見ても、現地購入は絶対にお得!

 

日本ではイタリア食材の専門店などでしか購入できないので、まだまだお手軽に使えるものとは言い難いですよね。

食べた事ない、という方も多いかもしれません。

 

珍しさから言っても、意外性があり喜ばれると思います。

 

空港で売られていない事もある?

 

イタリアでも、空港に売られてあるピスタッキオクレーマはそこそこのお値段がしますので、お手軽に買えるお土産ではありません。

また、空港に必ず売られていると言うわけでも無いのです。

 

イタリア国内でも小さな空港では置いてない事が多く、売ってあったらラッキー!と言う感じです。

 

買うのであれば、スーパーなどで購入しておく方が賢いです。

スーパーなら、かなりお安く購入できますよ。

 

ちなみに、味は空港で売られているものも、スーパーで買うものも差は無いのでご安心を!

 

重量のみ注意を!

 

ジャム類と同じく、買い過ぎるとかなりの重さになります。

 

フライト時、スーツケースの重量で、超過料金になることだけは避けたいですよね。

 

空港で買う事ができれば、別途機内に持ち込む事ができるので、スーツケースの重さを気にする事も無いのですが、ピスタッキオクレーマの場合は、空港に絶対売られてあるとは限らないのが困ったところ。

 

スーパーで見つけて、安いからと買い過ぎると、とんでもない重さになります。

 

ご自宅用のみ、またはお土産として差し上げる方を多少限定して、控え目に購入する方が無難です。

 

ピスタッキオクレーマの正しい買い方とは?

 

スーパーで買えば、お得に買えるピスタッキオクレーマ。

 

同じ味のクリームひとつでも、沢山のメーカーの商品が揃います。

 

 

こんな感じです。

 

4.5ユーロから8ユーロと、かなり安いものが揃います。

空港で買うと、それらの中で一番高い値段の2倍くらいはします。

 

同じ商品ならば、やっぱり少しでも高い方が美味しいのでしょうか?

 

それとも、単純に大きさや、お値段など、お得なものを選んだ方がいいのでしょうか?

 

そこで、現地の店員さんにピスタッキオクレーマの選び方を聞いてみました。

 

ピスタチオの濃度をチェック

 

イタリア人に、食品関係の質問で「どれが美味しいの?」と聞くと、「全部美味しいよ」と必ず返ってきます。これ、どこでも何でも同じ。(笑)

 

その上で、イタリア人の店員さんによる「個人的な」ピスタッキオクレーマの選び方として、アドバイスを頂きました。

 

 

裏面をみると、ピスタチオの濃度がパーセンテージで書かれているのです。

 

イタリア語に「??????」となりますが、「PISTACCHIO」の文字をよーく見て探してください。

必ず、「PISTACCHIO 〇〇%」と書かれています。

 

店員さんは、値段は全く気にせず、ピスタチオの濃度の高い(%の高い)ものを選んで買っているのだとか。

 

なるほど!

 

よりピスタチオの密度が増す方が、風味も高く濃厚な味になりそうですよね。

 

そんなわけで、自分が買う時も、濃度だけを見て買うようになりました。

でも、お値段が一番やすいのに濃度が高い!なんて商品もあるんですよ。

ちょっと迷ってしまうこともありながらも、安くても全く問題なし。すごく美味しいです。

 

値段が高いものとも食べ比べてみましたが・・・・

 

実際のところ、パーセンテージの違いと、味の違い、素人にはそこまで大きく差を感じませんでした。(笑)

 

迷った時の選考基準の一つとして、ご参考頂ければと思います。

 

まとめ

 

今回は、個人的におすすめしたいお土産の一つとして、お気に入りの商品、ピスタッキオクレーマをご紹介しました。

 

店頭で見かける事があれば、ぜひ一度試してみてくださいね!

 

最後までお読み頂き有難う御座います。

 

 

>BUSKING LIFE.COM|「レッツ、流し!」

BUSKING LIFE.COM|「レッツ、流し!」

海外バスキング(ストリート、路上演奏)の豆知識をはじめ、音楽雑学やミュージシャンの生活側面を中心に、フリーテーマで異文化交流の四方山話を語るサイトです。音楽話しや海外ネタに加え、管理人の趣味や戯言、レビューなども更新しています。 愛嬌のほどよろしくお願いします。
加筆:2020年現在はバスキングや実演、異文化交流(渡航等)が厳しい状況のため、趣味や興味のあるコトを中心にした戯言ブログとして更新しています。